人前で歌う練習~カラオケ編~

歌うときの姿勢

太ももの内側に少し力を込めて、上半身と下半身の筋肉を連携させて全身を支えましょう。音が高くなるときは、中低音よりも腹部周に外向きの圧力を感じると良いです。

また、体の内側から外側に圧力を加えて声を支えると良いです。スタッカートの練習は、腹部と背中を使います。背中を使って腹部全体に細かくて適度な緊張を内側から与えると良いです。

  • 歌うときの姿勢を意識する
  • 声を出す筋肉
  • リラックスして歌う


ブレーキをかけたままアクセルを踏む感覚
のどでスタッカートをしないように気を付けましょう。音と音の高さが離れているときは、支えの維持が難しくなります。次の音まで息の流れが止まりそうな感覚を含ませて、腹部の圧力を維持すると良いです。

ブレーキをかけたままアクセルを踏む感覚で声を出すことが大切です。支えのある声を出すときは吸気時の吸気筋の機能を発声時にも残しておくことが大切です。

録音して聞いてみる

カラオケで歌ったときに一度録音して、それを聴いてみるんです。そこで何か違うなと思うところがあれば、元のアーティストが歌う音源と一緒に歌ってみて、聴き比べてください。

このとき、ズレがないか録音して聴いてみるということを繰り返し、ズレがあるところは何回も練習します。そして最後は一人で歌ってみたものを録音してください。その音が問題なければバッチリです。

歌という表現のためにヴォイストレーニングをするのであり
音痴を直すには??
音痴を直すには、トライ&エラーで合っているかいないかをフィードバーックすると良いんです。音痴は自分で自覚症状がある場合とない場合がありますが、自覚症状がある場合は一人で録音しながら矯正していくことができます。

自覚症状がない場合は、マンツーマンで先生にじっくり習ったり、身近な人に聴いてもらって細かく指摘してもらい、これが合っているということなんだという感覚を持ってもらうと直っていきます。

自分は音痴でカラオケが残念な人と思い込んでいるあなた。

「大丈夫です!」

そういう人は、まだカラオケに慣れていないだけの惜しい人であるだけで、むしろ伸びシロ無限大のこれからどのくらい上手くなれるか楽しみな人だということに気づいてください!

選曲も気にしよう

自分の大好きな歌でもかまわないですが、1番大切なのは「思い切って楽しく」うたう事。嫌々歌ったり、緊張感はまわりにも伝わるんです。

自分を信じて、楽しくスター気分で歌った方がまわりも楽しく盛り上がる!

そもそも僕達は何故カラオケに行くのか。カラオケは数多くあるコミニュケーションツールのひとつなんでカラオケの目的はさまざまヒトカラで高得点をめざしたりボイストレーニングで利用するといった方も多くいると思うけど基本的には楽しくみんなでさわぐとか家族で楽しんだり異性とデートで仲良くなるとかいうもの。

カラオケを使って他人と関係を深めるのがポイントなのです。